KING JIM テプラPRO SR55

まわりまわってレトロが新しい!復刻版ダイアルテプラ

タッチパネルなんてくそくらえ!
昔ながらのダイアル式が斬新すぎるテプラPRO SR55。子供の頃ダイアル式のタイプライターのおもちゃを持っていたのを思い出します。カーボン紙を間に挟むピンク色のおもちゃです。なんて名前だったかな~と気になって調べてみたら「レターメイト」うあぁぁぁ懐かしすぎる!!! あの頃の私は一体何をタイプしていたのでしょうか…。

 

ブラインドタッチが苦手な人に

最近は小学校からパソコンの授業があるんですってね。SNSがはびこる今、インターネットの怖さを子供の頃に教えておくのはいい事だと思います。でもそんな子達はわざわざダイアルテプラなんて使わなくていいんです。パソコンから印刷用紙を設定してプリンターで出力してればいいんです。 このテプラを使ってほしいのは「ローマ字入力ってなに?」「ビックリマークが入らないんだけど?」って人たちです。あとおしゃれ気取りのクソ文化人な。

ちなみにダイアルテプラの入力方法はダイアルの上の方に▽マークがあるので、そこに入力したい文字「お」→ダイアル真ん中の黒いボタン→「さ」→ダイアル真ん中の黒いボタン→「け」ダイアル真ん中の黒いボタン。

それから左に並んでいる小さいボタンの中の「変換」。これで「お酒」の完成です。

私の母はパソコンと親和性が高くないので並んだキーボードから文字を探すのにとても時間がかかるのですが、これなら直感的に文字が選べますし使い方の説明を何度も何度も何度もすることがなくなって助かります。

 

3種類の書体でまよわない

最新のハイスペックテプラだと10種類以上のフォントが用意されていますが、このダイアルテプラはな、なんと3種類!ゴシックと明朝と手書きがあればいいんです。POPとかいらんのですよ。ファイルなどはっきり表示させたい物にはゴシック!自分の名前なんかは明朝!ちょっと気軽に調味料ラベルの手書き!これでよし!

 

書体の少なさ絵文字でカバー

書体が少なすぎる…?でも絵文字・記号は813個!!シールのふちを飾る外枠も66種類!! どれにしようか楽しみながら迷いましょう。

 

電源:単3アルカリ乾電池6本(別売)、単3充電式ニッケル水素電池6本(別売)

印刷方式:熱転写PRO印刷方式

ラベル幅:P+TAPE規格4・6・9・12・18mm

アイロンラベル/アイロン転写テープ:対応

オートカッター:なし

印刷文字数:90文字まで

印刷行数:4mm幅1行、6mm幅2行、9mm幅3行、12mm幅3行、18mm幅3行

定長印刷:対応

連続印刷:100枚まで(まとめて1本のテープに印刷されるのではさみで切り離して下さい)

縦書き:対応

でか2印刷機能:非対応

バーコード印刷機能:非対応

パソコン接続:非対応